【DVY】iShares Select Dividend ETFは好配当100銘柄へ投資が可能なETF

  • 2019年10月20日
  • 2019年10月22日
  • 海外ETF
BlackRockロゴ


おはようございます。

Dow Jones U.S. Select Dividend Indexへの連動を目指すETFのうち、BlackRockが提供している商品がDVYになります。

配当に拘った類似商品としてSDY、VIGなどがあります。

詳しくみていきましょう。


DVYってどんな銘柄?

DVYの概要



iShares Select Dividend ETFはDow Jones U.S. Select Dividend Indexへの連動を目指す商品です。


Dow Jones U.S. Select Dividend IndexはS&P Dow Jones Indicesが算出しています。

銘柄は過去5年間の平均配当より増配している、配当支払い余力のある米国企業の株式を対象としています。


ETF名 iShares Select Dividend ETF
提供会社 BlackRock
ティッカー DVY
ベンチマーク Dow Jones U.S. Select Dividend Index
経費率 0.39 %
開始日 2003.11.03
純資産総額 $17,665 B
保有銘柄数 100
権利落ち月 3月、6月、9月、12月
配当月 3月、6月、9月、12月

BlackRock 2019.10.18_Dividend.com



純資産総額は2019年10月18日現在で17.6 Bドルです。

純資産総額:VIG(39.0 B) > SDY(18.8 B) > DVY

経費率:DVY > SDY(0.35%) > VIG(0.06%)

保有銘柄数:VIG(183) > SDY(112) > DVY

となります。

配当は年4回に分割して支払われます。


DVYのトータルリターン

年率 1年 3年 5年 10年 設定来
トータルリターン (%) 5.88 9.56 10.26 13.26 8.26
インデックス (%) 6.31 10.00 10.71 13.72 8.84

BlackRock 2019.09.30



DVYのトータルリターンは年基準です。

ここ5年では10.26%、設定来は8.26%になります。


DVYのチャート



DVYの設定来のチャートです。


DVYのチャート
DVY Googleファイナンス



DVYの設定は2003年です。

右肩上がりであることがわかります。

HDVとほぼ同形状ですが、IVVの上昇が優位です。


ポートフォリオの特性

分配金利回り 3.47 %
株価収益率 (PER) 14.56
株価純資産倍率 (PBR) 2.04
ベータ値 0.90
標準偏差 (%、3年) 11.03 %
過去12ヶ月分分配金利回り 3.40 %

BlackRock 2019.09.30-10.17



分配金利回り:DVY > SDY(2.67%) > VIG(1.85%)



DVYの保有上位10銘柄と比率

上位10銘柄 業種 比率 (%)
AT&T INC Communication 2.61
FORD MOTOR CO Consumer Discretionary 2.28
QUALCOMM INC Information Technology 2.10
ONEOK INC Energy 1.77
SEAGATE TECHNOLOGY PLC Information Technology 1.72
DOMINION ENERGY INC Utilities 1.69
TARGET CORP Consumer Discretionary 1.63
PPL CORP Utilities 1.60
ENTERGY CORP Utilities 1.56
CENTURYLINK INC Communication 1.56

BlackRock 2019.10.17



2019年10月17日時点での保有上位10銘柄です。

IVVともHDVとも異なります。

ドミニオン・エナジー、PPL、エンタジー等の公益事業会社が業種として割合が高いですね。


DVYの業種比率

業種 比率 (%)
Utilities 26.21
Financials 14.38
Consumer Discretionary 13.73
Information Technology 8.75
Energy 7.85
Materials 7.83
Consumer Staples 7.45
Communication 7.19
Industrials 4.59
Health Care 1.79
Cash and/or Derivatives 0.23

BlackRock 2019.10.17



公益事業、金融、一般消費財・サービスなどの分野へ多く投資されています。

IVV、HDVと比較して、特に公益事業の割合が大きいですね。

好況時の伸びは他の分野が優位であるため、IVV、HDVと好みが分かれるところになります。


東証で購入可能?



東証にはDVYそのものや国内籍版や投資信託はありません。


まとめ



DVYは経費率が0.39%と高めですが、配当利回りが3.47%とこちらも高めです。

構成業種の1/4が公益事業セクターに偏っており、HDVとの住み分けも可能です。

好みの問題にはなりますが、HDV等の高配当ETFを保有していない場合はそちらの優先をオススメします。

あくまでもアクセントとしての保有を検討した方が良いでしょう。


【SDY】SPDR S&P Dividend ETFは連続増配110銘柄へ投資が可能なETF

【VIG】Vanguard Dividend Appreciation ETFは連続増配180銘柄へ投資が可能なETF

【IVV】iShares Core S&P 500 ETFは米国市場500社へ投資が可能なETF

【HDV】iShares Core High Dividend ETFは高配当75銘柄へ投資が可能な高配当のETF