【HDV】iShares Core High Dividend ETFは高配当75銘柄へ投資が可能な高配当のETF

  • 2019年9月23日
  • 2019年10月22日
  • 海外ETF
BlackRockロゴ


おはようございます。

Morningstar Dividend Yield Focus Indexへの連動を目指すETFのうち、BlackRockが提供している商品がHDVになります。

連動先は異なりますがVYM、SPYDなどの競合商品があります。

詳しくみていきましょう。


HDVってどんな銘柄?

HDVの概要



iShares Core High Dividend ETFはMorningstar Dividend Yield Focus Indexへの連動を目指す商品です。


Morningstar Dividend Yield Focus IndexはMorningstarが算出しています。

米国株式市場全体の97%を占めるMorningstar US Market Indexの中で、財務の健全性が高く、平均よりも高い配当利回りの銘柄で構成されています。


ETF名 iShares Core High Dividend ETF
提供会社 BlackRock
ティッカー HDV
ベンチマーク Morningstar Dividend Yield Focus Index
経費率 0.08 %
開始日 2011.03.29
純資産総額 $8,086 M
保有銘柄数 75
権利落ち月 3月、6月、9月、12月
配当月 3月、6月、9月、12月

BlackRock 2019.09.20_Dividend.com



純資産総額は2019年9月20日現在で8.0 Bドルです。

純資産総額:VYM(24.8 B) > HDV > SPYD(1.8 B)

経費率:HDV > SPYD(0.07%) > VYM(0.06%)

保有銘柄数:VYM(409) > SPYD(80) > HDV

となります。

配当は年4回に分割して支払われます。


HDVのトータルリターン

年率 1年 3年 5年 10年 設定来
トータルリターン (%) 15.11 8.47 8.39   11.62
インデックス (%) 15.23 8.56 8.49   11.88

BlackRock 2019.06.30



HDVのトータルリターンは年基準です。

ここ5年では8.39%、設定来は11.62%になります。


HDVのチャート



HDVの設定来のチャートです。


HDVのチャート
HDV Googleファイナンス



HDVの設定は2011年です。

リーマンショック以降の設定です。

右肩上がりであることがわかります。


ポートフォリオの特性

分配金利回り 3.33 %
株価収益率 (PER) 18.41
株価純資産倍率 (PBR) 2.84
ベータ値 0.78
標準偏差 (%、3年) 10.90 %
過去12ヶ月分分配金利回り 3.31 %

BlackRock 2019.08.30-09.19



分配金利回り:SPYD(4.74%) > VYM(3.52%) > HDV

となります。

HDVとVYMの順番はたまに入れ替わります。

HDVの方が高い場合が多いです。



HDVの構成上位10銘柄と比率

上位10銘柄 業種 比率 (%)
EXXON MOBIL CORP Energy 9.55
VERIZON COMMUNICATIONS INC Communication 7.03
CHEVRON CORP Energy 6.31
JOHNSON & JOHNSON Health Care 6.27
PROCTER & GAMBLE Consumer Staples 5.70
WELLS FARGO Financials 5.52
PFIZER INC Health Care 4.63
PHILIP MORRIS INTERNATIONAL INC Consumer Staples 4.54
COCA-COLA Consumer Staples 4.53
MERCK & CO INC Health Care 4.00

BlackRock 2019.09.19



2019年9月19日時点での組入上位10銘柄です。

IVVとは大幅に異なります。

無配株やグロース株であるアップル、アマゾン、フェイスブック、アルファベット、バークシャー・ハサウェイなどは除外されています。


HDVの業種比率

業種 比率 (%)
Energy 23.25
Consumer Staples 19.48
Health Care 17.72
Financials 10.13
Utilities 8.38
Industrials 7.73
Communication 7.49
Information Technology 3.27
Consumer Discretionary 2.07
Real Estate 0.08
Cash and/or Derivatives 0.39

BlackRock 2019.09.19



エネルギー、生活必需品、ヘルスケア、金融などの分野へ多く投資されています。

VYM、SPYDと比較して、特にエネルギー分野の割合が大きいですね。

原油価格に影響されるので、VYM、SPYDと好みが分かれるところになります。


東証で購入可能?



以前はiシェアーズ 米国高配当株ETF-JDR(モーニングスター配当フォーカス) [1589]という商品がありました。

iシェアーズETF-JDRシリーズが2018年1月22日付で上場廃止になったため、現在は購入できません。


まとめ



HDVのトータルリターンはIVVに劣りますが、株価上昇で劣る分を配当金で補っています。

また、SPYDには劣りますが、VYMよりは高配当であることが多く、SPYDに比べ資産規模も大きいです。

ただし、構成業種は伝統的にエネルギー分野の割合が大きいため、好みが分かれるところです。

定常的に高い配当金を受け取りたい方向けの商品になります。

チャートを確認していただくとわかりますが、キャピタルゲインも狙うことが可能です。

IVVのようなS&P500インデックスが人気ですが、HDVを保有し、長期的に配当を受け取ってみてはいかがでしょうか。


[VYM] Vanguard High Dividend Yield ETFは優秀な高配当株のETF

【DVY】iShares Select Dividend ETFは好配当100銘柄へ投資が可能なETF

[SPYD] SPDR Portfolio S&P 500 High Dividend ETFは高配当80銘柄へ投資が可能な高配当のETF

[IVV] iShares Core S&P 500 ETFは経費率が最安値水準のETF