【SPYD】SPDR Portfolio S&P 500 High Dividend ETFは高配当80銘柄へ投資が可能な高配当のETF

  • 2019年9月23日
  • 2019年10月27日
  • 海外ETF
SPDRロゴ


おはようございます。

S&P 500 High Dividend Indexへの連動を目指すETFのうち、STATE STREET GLOBAL ADVISORSが提供している商品がSPYDになります。

連動先は異なりますがVYM、HDVなどの競合商品があります。

詳しくみていきましょう。


SPYDってどんな銘柄?

SPYDの概要



SPDR Portfolio S&P 500 High Dividend ETFはS&P 500 High Dividend Indexへの連動を目指す商品です。


S&P 500 High Dividend IndexはS&P Dow Jones Indicesが算出しています。

S&P500の中でも高利回り銘柄で構成され、リバランス時に各銘柄の比率が均等になるよう調整されます。


ETF名 SPDR Portfolio S&P 500 High Dividend ETF
提供会社 STATE STREET GLOBAL ADVISORS
ティッカー SPYD
ベンチマーク S&P 500 High Dividend Index
経費率 0.07 %
開始日 2015.10.21
純資産総額 $1,871 M
配当利回り 4.74 %
権利落ち月 3月、6月、9月、12月
配当月 3月、6月、9月、12月

SPDR ETFs 2019.09.19_Dividend.com



純資産総額は2019年9月19日現在で1.8 Bドルです。

純資産総額:VYM(24.8 B) > HDV(8.0 B) > SPYD

経費率:HDV(0.08%) > SPYD > VYM(0.06%)

配当利回り:SPYD > VYM(3.52%) > HDV(3.33%)

配当は年4回に分割して支払われます。


SPYDのトータルリターン

四半期末 1年 3年 5年 10年 設定来
基準価格 (%) 6.82 9.23     11.62
インデックス (%) 6.81 9.32     11.75

SPDR ETFs 2019.06.30



SPYDのトータルリターンは4半期末基準です。

ここ3年では9.23%、設定来は11.62%になります。


SPYDのチャート



SPYDの設定来のチャートです。


SPYDのチャート
SPYD Googleファイナンス



SPYDの設定は2015年です。

期間は短いですが、上下を繰り返しながら上がっています。


ファンドの特性

予想3-5年一株当たり利益 (EPS) 成長率 5.78 %
株価収益率 (PER) 13.68
組入銘柄数 80
株価純資産倍率 (PBR) 1.84
時価総額加重平均 $40,315 M

SPDR ETFs 2019.09.19



組入銘柄数:VYM(409) > SPYD > HDV(75)



SPYDの組入上位10銘柄と比率

上位10銘柄 業種 比率 (%)
Newell Brands Inc Consumer Discretionary 1.56
Campbell Soup Company Consumer Staples 1.45
AT&T Inc. Communications 1.41
CenturyLink Inc. Communications 1.41
FirstEnergy Corp. Utilities 1.39
Entergy Corporation Utilities 1.39
HCP Inc. Financials 1.38
Southern Company Communications 1.38
ONEOK Inc. Energy 1.38
Kellogg Company Consumer Staples 1.38

SPDR ETFs 2019.09.19



2019年9月19日時点での組入上位10銘柄です。

SPY、SPTMやVYM、HDVとも異なる構成です。

個人投資家が購入しない(知られていない)銘柄もちらほら見受けられます。

均等配分投資のため、上位銘柄の値動きが全体に与える影響は少ないでしょう。


SPYDの業種比率

業種 比率 (%)
Real Estate 19.68
Consumer Discretionary 16.33
Energy 12.09
Utilities 10.81
Consumer Staples 9.71
Financials 9.53
Information Technology 6.52
Communication Services 5.35
Materials 4.82
Health Care 2.69
Industrials 2.48

SPDR ETFs 2019.09.19




不動産、一般消費財、エネルギー、公益事業などの分野へ多く投資されています。

SPYDの特徴ですが、特に不動産分野の割合が大きいですね。

不動産やエネルギーといった波のある分野を公益事業や一般消費財でリスクヘッジしているようです。


東証で購入可能?



東証にはSPYDそのものや国内籍版、投資信託はありません。


まとめ



SPYDのトータルリターンはSPYに劣りますが、株価上昇で劣る分を配当で補っています。

開始日が遅いために他社の競合商品(VYM、HDV)に比べ資産総額は劣ります。

しかしながら、十分に投資を検討できる資産総額ではあります。

経費率も低く、何よりVYM、HDVより高配当です。

不動産・REIT分野が多いですが、それを許容できる方、他のETFとは異なる性質の銘柄をポートフォリに組み入れたい方にはおすすめです。


[VYM] Vanguard High Dividend Yield ETFは高配当400銘柄へ投資が可能な高配当のETF

[HDV] iShares Core High Dividend ETFは高配当75銘柄へ投資が可能な高配当のETF

[SPY] SPDR S&P500 ETFは資産残高が米国最大のETF

[SPTM] SPDR Portfolio Total Stock Market ETFは米国2600社へ投資が可能なETF

【SDY】SPDR S&P Dividend ETFは連続増配110銘柄へ投資が可能なETF

【DIA】SPDR Dow Jones Industrial Average ETFはNYダウ30銘柄へ投資が可能なETF