住信SBIネット銀行で米ドルを購入してみる

住信SBIネット銀行ロゴ



おはようございます。

SBI証券で配当金目当てのETFを購入するに当たり、住信SBIネット銀行で米ドルを購入します。

備忘録としてまとめてみました。


為替コスト(手数料)は住信SBIネット銀行が最安!



ETFをドル建てで購入するには米ドルを用意する必要があります。

銀行、証券会社どのタイミングで米ドルを購入するのが良いのでしょうか。


名称 為替コスト(米ドル) 条件
SBI証券 25銭  
住信SBIネット銀行 4銭  
住信SBIネット銀行 2銭 外貨積立時
楽天証券 25銭  
楽天銀行 25銭  
マネックス証券 25銭  
ジャパンネット銀行 5銭  
ジャパンネット銀行 3銭

外貨積立、預入時




今回はSBI証券で運用するため、外貨入出金サービスに対応している住信SBIネット銀行が為替コスト、機能面において優位であることが確認できました。

特別な理由がない場合には、SBI証券と住信SBIネット銀行の組み合わせでの利用が良いでしょう。

実際の投資を行う前に引かれる手数料は少しでも減らしておきたいところです。


実際に住信SBIネット銀行で米ドルを購入してみよう

1.住信SBIネット銀行のサイトを開きます



はじめに住信SBIネット銀行のトップページを開き、ログインしましょう。


住信ドル購入1




「ユーザーネーム」と「WEBログインパスワード」を入力します。


2.購入する外貨を選択します



「外貨普通預金」のアイコンをクリックします。


住信ドル購入2




外貨普通預金のページへ移ります。

外貨の「買付」をクリックしましょう。


住信ドル購入3




今回は米ドルを例にあげます。


3.購入手続きを行います



「出金口座」と「入金口座」を選択します。


住信ドル購入4




注文方法は以下の通りです。


  • リアルタイム
  • ウィークエンド(注文時間外)
  • 指値
  • 複合指値(IFD)
  • 複合指値(OCO)




為替レートを指定して購入したい場合や、2つの指値条件を1度に注文したい場合に指値や複合指値を利用します。

こだわりがない場合は「リアルタイム」か「ウィークエンド」で良いでしょう。

「買付金額」を円か米ドルで指定します。

最後に「WEB取引パスワード」を入力後、確認事項を「確認」しましょう。


住信ドル購入5




注文内容を確認後、「確定」します。


住信ドル購入6




これで住信SBIネット銀行での米ドル購入が完了しました。

お疲れさまでした。


4.不定期でキャンペーンを開催



はじめに確認したように、住信SBIネット銀行の米ドル為替コストは4銭と低コストですが、キャンペーン開催時には0銭になる場合があります。


住信ドル購入7




不定期開催のため、計画的な利用はできないかもしれません。


住信ドル購入8




今回の対象期間は、2019年7月22日 10:00〜9月27日 17:00約定分までです。

相場が良ければ普段より多めに買い付けたいですね。


まとめ



住信SBIネット銀行で米ドルを購入する方法を備忘録としてまとめてみました。

これから毎月利用する予定なので、そのうち慣れていくと思います。

安定的に投資金の確保ができるのであれば、為替コストがより安い外貨積立の方が良いかもしれません。

皆さんも住信SBIネット銀行での米ドル購入を検討してみてはいかがでしょうか。

配当金を手にしてみたい!

SBI証券へ住信SBIネット銀行から米ドルを入金してみる

SBI証券で海外個別株・ETFを購入してみよう!